交通事故の示談は専門家へ相談


交通事故に遭ったらどうか自分の判断だけで示談をすることは絶対に止めてください。後々、もめる原因になります。私自身交通事故に遭ったとき、相手側からその場で示談を申し込まれましたが、断りました。

やはりそこには第三者が入るべきです。
第三者といっても、友人や親せきではありません。
必ず交通事故の示談は専門家へ相談しましょう。

たとえ相手がガラの悪い人ですごまれたとしても、その場の雰囲気でなんとなく示談するのは大変危険です。事故に遭った瞬間というのは、予想以上に興奮状態にいます。冷静な判断が出来ない状態なんです。だからこそ冷静なプロの対応が必要となります。

専門家に任せれば、あなたが相手側に顔を合わす必要もありません。不快な思いをする事も少なくなるでしょう。その場で的確なアドバイスを受けることができます。保険に入っている人は保険会社に相談するべきですし、弁護士に相談ということもあるでしょう。今では保険のオプションで弁護士の相談付のものもあります。

後々もめないためにも、きちんと専門家のアドバイスに沿って示談交渉しましょう。

カテゴリー: 交通事故の示談に困ったら?   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります