後遺症が残った場合の交通事故の示談について相談したい


交通事故の示談の中でも交渉が長引きがちなのが後遺症が残ったケースです。
交通事故によって体に後遺症が生じた場合は、治療費や慰謝料の算出が複雑になるためです。

また加害者と被害者の間で事故被害による考えかたに温度差が生まれてしまいます。
被害者側としては後遺症が残ることで取り返しのつかない被害に感じるわけですから、しっかりと補償が行われる示談内容でなければ納得ができません。

もし後遺症が残ってしまった場合には、弁護士など法律の専門家へ相談するべきです。
後遺症の程度によってどのくらいの慰謝料が妥当なのか判断してくれます。
示談後も定期的な治療が必要になることもありますので、示談に臨む際にはその点もフォローされているか確認しておきましょう。

後遺症に苦しんでしまうような示談内容では負担が生じてしまうので、きちんと専門家へ相談してみてください。示談内容で分からないことは丁寧にサポートしてくれるので安心できますよ。

カテゴリー: 交通事故の有利な示談の勧め方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります