交通事故の示談がまとまらない場合は


交通事故の示談がまとまらない場合は弁護士などを立てて法的な争いをすることになります。お互いの主張がいつまでも行き違うのですから、裁判所などの公正な機関でどちらの言い分が正しいのか判断してもらう必要があるからです。

ただし、交通事故の示談がまとまらなくても裁判まで発展するのは非常に稀なケースです。どんなに言い分がこじれる場合でも、双方が立てた弁護士同士の話し合いによって示談条件の見直しや歩み寄りが行われることになります。

もし弁護士同士の話し合いで結論が出ない場合や、どうしても示談内容に納得できなかった場合のみ裁判という形を取ることになるのです。

しかし交通事故の示談はスムーズに進める方が得策です。
示談交渉を長引かせてしまってもストレスになるだけですから、なるべく早い段階で納得できる示談条件になるように弁護士へ依頼しましょう。

電話やメールの相談フォームもありますので、気軽に問い合わせてみてください。

カテゴリー: 交通事故の有利な示談の勧め方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります