示談書の作成でトラブルを防ぐ


交通事故の示談を行う際は示談書の作成にも注意が必要です。
示談書にサインしてしまうとその内容に同意したと見なされるからです。

示談書に書かれている内容は慰謝料の支払いや後遺症の扱いについてなどで、同意してしまうと納得できない内容でも異議を申し立てることができません。つまり、示談書は非常に大きな意味を持つ書類なので、安易にサインしてしまうのは避けるべきです。

もし手渡された示談書で分からないことがあれば、法律の専門家に相談してみましょう。弁護士などは示談書のような法的な書類のプロですから、内容について分かりやすく説明してくれます。

そのうえで示談書にサインしても良いと思えば示談に踏み切れますし、逆に納得できない内容なら示談交渉を再開するべきです。

交通事故の被害は後遺症として残ることもあるので、示談書の内容もしっかり確認しておきましょう。弁護士などの専門家へ相談して、示談書を検討してもらうのも有効です。

カテゴリー: 交通事故を示談する際の注意点   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります